CITY INA GARDEN


シンガポール | 緑化政策

2020年2月16日In Singapore, Urban city
Singapore-map

シンガポール

マレー半島の南端に位置し、1965年の建国から瞬く間に経済発展を遂げ、現在では東洋と西洋を繋ぐグローバル経済都市として重要な地位を確立した国。

この国では建国当初から数十年にわたり取り組まれ続けている「緑化政策」というものがある。

シンガポール

マレー半島の南端に位置し、1965年の建国から瞬く間に経済発展を遂げ、現在では東洋と西洋を繋ぐグローバル経済都市として重要な地位を確立した国。

この国では建国当初から数十年にわたり取り組まれ続けている「緑化政策」というものがある。

シンガポールマレー半島の南端に位置し、1965年の建国から瞬く間に経済発展を遂げ、現在では東洋と西洋を繋ぐグローバル経済都市として重要な地位を確立した国。この国では建国当初から数十年にわたり取り組まれ続けている「緑化政策」というものがある。

シンガポール-緑化計画-02

緑化政策の始まりは、当時のシンガポールが抱えていたネガティブな要因の打開が目的だと言われている。

マレーシアから独立した当初のシンガポールは、人口が200万人ほどの資源も産業も乏しい小さな島国。
加えて複数の民族が共存する多民族国家となっており、新しい国家を築き上げていくうえではマイナス要因が多くあった。

そんな問題が山積みの国家が発展するには外貨獲得が必要不可欠だと考えたシンガポール政府が、
海外からの「事業」「投資」「働き手」を確保し、人々が暮らしやすい環境づくりをするために目を付けたのが緑化政策の始まりだった。

緑化政策の始まりは、当時のシンガポールが抱えていたネガティブな要因の打開が目的だと言われている。マレーシアから独立した当初のシンガポールは、人口が200万人ほどの資源も産業も乏しい小さな島国。加えて複数の民族が共存する多民族国家となっており、新しい国家を築き上げていくうえではマイナス要因が多くあった。そんな問題が山積みの国家が発展するには外貨獲得が必要不可欠だと考えたシンガポール政府が、海外からの「事業」「投資」「働き手」を確保し、人々が暮らしやすい環境づくりをするために目を付けたのが緑化政策の始まりだった。

緑化政策の始まりは、当時のシンガポールが抱えていたネガティブな要因の打開が目的だと言われている。マレーシアから独立した当初のシンガポールは、人口が200万人ほどの資源も産業も乏しい小さな島国。加えて複数の民族が共存する多民族国家となっており、新しい国家を築き上げていくうえではマイナス要因が多くあった。そんな問題が山積みの国家が発展するには外貨獲得が必要不可欠だと考えたシンガポール政府が、海外からの「事業」「投資」「働き手」を確保し、人々が暮らしやすい環境づくりをするために目を付けたのが緑化政策の始まりだった。

国家の繁栄と威信をかけた50年以上にわたる政府主導の都市計画は、今では世界各国から「最も自然と都市が調和した近代都市」として注目されている。

国家の繁栄と威信をかけた50年以上にわたる政府主導の都市計画は、今では世界各国から「最も自然と都市が調和した近代都市」として注目されている。

国家の繁栄と威信をかけた50年以上にわたる政府主導の都市計画は、今では世界各国から「最も自然と都市が調和した近代都市」として注目されている。

シンガポール-緑化計画-04

現在の美しい緑あふれる街づくりを形成する過程では、様々な実験と試行錯誤が行われてきた。
高温多湿なシンガポールでは、国内に生育する植物の種類や数が限られていたことから、東南アジア諸国やカリブ諸島などの地域から様々な植物が自国に持ち込まれ、約8000種類の植物がシンガポールの気候や土壌に適応できるか実験がされた。

その中でシンガポールの気候に適していると判断されたものは約2000種類。街中で植林されている植物の60%以上が外来のものとされている。

現在の美しい緑あふれる街づくりを形成する過程では、様々な実験と試行錯誤が行われてきた。

高温多湿なシンガポールでは、国内に生育する植物の種類や数が限られていたことから、東南アジア諸国やカリブ諸島などの地域から様々な植物が自国に持ち込まれ、約8000種類の植物がシンガポールの気候や土壌に適応できるか実験がされた。

その中でシンガポールの気候に適していると判断されたものは約2000種類。街中で植林されている植物の60%以上が外来のものとされている。

現在の美しい緑あふれる街づくりを形成する過程では、様々な実験と試行錯誤が行われてきた。高温多湿なシンガポールでは、国内に生育する植物の種類や数が限られていたことから、東南アジア諸国やカリブ諸島などの地域から様々な植物が自国に持ち込まれ、約8000種類の植物がシンガポールの気候や土壌に適応できるか実験がされた。その中でシンガポールの気候に適していると判断されたものは約2000種類。街中で植林されている植物の60%以上が外来のものとされている。

都市の緑化をするメリットとして気温低下や日陰の創出、植物による大気や水質の浄化などが期待されている。

また近年では街路樹を増やすだけでなく、オフィスビルなどの建物自体を緑化する「グリーンビルディング(緑の建築)」プロジェクトが政府主導のもと進められている。

都市の緑化をするメリットとして気温低下や日陰の創出、植物による大気や水質の浄化などが期待されている。

また近年では街路樹を増やすだけでなく、オフィスビルなどの建物自体を緑化する「グリーンビルディング(緑の建築)」プロジェクトが政府主導のもと進められている。

都市の緑化をするメリットとして気温低下や日陰の創出、植物による大気や水質の浄化などが期待されている。また近年では街路樹を増やすだけでなく、オフィスビルなどの建物自体を緑化する「グリーンビルディング(緑の建築)」プロジェクトが政府主導のもと進められている。

シンガポール-緑化計画-03

実際に街を歩いていると、植物を植えるスペースが設けられているビルを至る所で目にすることができる。

シンガポール政府は2030年までにオフィスビルの80%をグリーンビルディング化することを目標としており、屋上や壁面の緑化に要する費用を国が50%助成金で賄うという。

実際に街を歩いていると、植物を植えるスペースが設けられているビルを至る所で目にすることができる。シンガポール政府は2030年までにオフィスビルの80%をグリーンビルディング化することを目標としており、屋上や壁面の緑化に要する費用を国が50%助成金で賄うという。

実際に街を歩いていると、植物を植えるスペースが設けられているビルを至る所で目にすることができる。シンガポール政府は2030年までにオフィスビルの80%をグリーンビルディング化することを目標としており、屋上や壁面の緑化に要する費用を国が50%助成金で賄うという。

シンガポール-緑化計画-05
シンガポール-緑化計画-06
シンガポール-緑化計画-05

異常気象、深刻な環境問題により毎年のように「観測史上初」といった天災に見舞われ、その度に問われる現代人のライフスタイル。

資本を追い求め続け、金銭的な富を拡大させることが正義とされる現代資本主義社会の中で、どのように地球環境に配慮した都市計画を行っていけばいいのか。

そのヒントが、この国にある気がした。

異常気象、深刻な環境問題により毎年のように「観測史上初」といった天災に見舞われ、その度に問われる現代人のライフスタイル。資本を追い求め続け、金銭的な富を拡大させることが正義とされる現代資本主義社会の中で、どのように地球環境に配慮した都市計画を行っていけばいいのか。そのヒントが、この国にある気がした。

資本を追い求め続け、金銭的な富を拡大させることが正義とされる現代資本主義社会の中で、どのように地球環境に配慮した都市計画を行っていけばいいのか。

そのヒントが、この国にある気がした。

異常気象、深刻な環境問題により毎年のように「観測史上初」といった天災に見舞われ、その度に問われる現代人のライフスタイル。資本を追い求め続け、金銭的な富を拡大させることが正義とされる現代資本主義社会の中で、どのように地球環境に配慮した都市計画を行っていけばいいのか。そのヒントが、この国にある気がした。

シンガポール-緑化計画-06